Netflixオリジナル作品「マルコ・ポーロ」シーズン2にミシェル・ヨーが新キャストとして登場

ジョン・フスコ制作Netflixオリジナル作品「マルコ・ポーロ」シーズン2のダイナミックなキャストにミシェル・ヨーが「百の眼」(トム・ウー) の過去にかかわるミステリアスな人物として加わります。

フスコは、「『マルコ・ポーロ』は最も多様なキャストを誇るテレビドラマのひとつ。そこに映画界の伝説的女優であるだけでなく、稀代の国際的なアクション・スターで、彼女の年代ではトップクラスの女優、ミシェル・ヨーのユニークな才能が加わることを非常に嬉しく思う。シーズン2では、彼女のキャラクターによって『マルコ・ポーロ』の奥深いストーリーの世界がさらに興味深くミステリアスなものとなり、アジア武術の面白みも加わるだろう。」と述べています。

国際的に評価されている女優兼プロデューサーのミシェル・ヨーはこれまでに、ジェームズ・ボンドの「007トゥモロー・ネバー・ダイ」、「グリーン・デスティニー」、「SAYURI」、「サンシャイン2057」、「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」、「バビロンA.D.」などの世界的なヒット作や心を揺さぶられる伝記映画「The Ladyアウンサンスーチー ひき裂かれた愛」をはじめとする30作以上の映画に出演しているほか、次回はNetflixオリジナルの映画作品「Crouching Tiger Hidden Dragon: ソード・オブ・デスティニー」にも出演します。ミシェル・ヨーは初出演のアクション映画「Yes Madam (原題)」でスタントを使わない香港初の女性カンフースターとして知られるようになって以来、様々な映画で非常に強い女性の役を演じてアジア女性に対する既成概念を打ち破ってきました。

「マルコ・ポーロ」シーズン2の主なキャストは、ロレンツォ・リケルミー (マルコ・ポーロ)、ベネディクト・ウォン (フビライ・ハーン)、ジョアン・チェン (チャブイ皇后)、ジュ・ジュ (コカチン)、トム・ウー (百の眼)、オリヴィア・チェン (メイリン)、キム・スヒョン (クトゥルン)、リック・ユーン (ハイドゥ)、レミー・ヒー (皇太子チンキム)、マヘシュ・ジャドゥ (アフマド)、ウリ・ラツケフ (ビャンバ)です。

このシリーズを制作したのはアカデミー賞ノミネート作品「きれいな涙スピリット」の脚本を書いたジョン・フスコで、ダニエル・ミナハンとともにエグゼクティブプロデューサーと製作総指揮者を務めます。ミナハンは「Homeland」と「ゲーム・オブ・スローンズ」などの作品を過去に手がけています。シーズン2では、パトリック・マクマナス、ハーヴェイ・ワインスタイン、ボブ・ワインスタイン、エリザベス・サーノフも製作総指揮に加わります。

マルコ・ポーロ」シーズン2は2016年にNetflixが独占配信を開始する予定です。

トップ