Netflixがアニメーション映画「BLAME! (ブラム)」を全世界で配信

弐瓶勉原作の大人気SF漫画が初のアニメ映画化

世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflix(本社:米国カリフォルニア州ロス・ガトス)の日本法人であるNetflix株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長グレッグ・ピーターズ)は本日、劇場アニメ「BLAME! (ブラム)」を世界に向けてNetflixで独占配信することをポリゴン・ピクチュアズと共同で発表しました。なお本作品は日本のNetflixでも配信されます。

「BLAME!」の舞台は、人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来。無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」で、探索者・霧亥(キリイ)が、今にも忘れられようとしている人類文明を救うため、突如放り込まれた孤独で危険な旅路を描きます。

1997年から2003年まで講談社「アフタヌーン」で連載されたSF漫画の金字塔「BLAME!」が、連載開始から20年の時を経て待望の劇場アニメ化。そしてNetflixで全世界に向け配信されることになりました。

本作品を手がけるのは、数々の賞を獲得した原作者・弐瓶勉氏と瀬下寛之監督の名コンビ。大成功を収めたSFアニメシリーズ 「シドニアの騎士」に続くコラボレーションとなります。瀬下寛之監督はまた、現在Netflixが世界に配信中の息もつかせぬサスペンスアニメ作品「亜人」でも総監督を務めました。「BLAME!」、「シドニアの騎士」、「亜人」の単行本コミックスは講談社 (英語版は米ヴァーティカル社)から、電子書籍は講談社コミックプラス (電子書籍英語版はKodansha Comics) から入手が可能です。

Netflixのオリジナルコンテンツ バイスプレジデントを務めるデイビッド・リーは次のように話しています。「ポリゴン・ピクチュアズとタッグを組み、Netflixで最新作『「BLAME!』を世界中のファンの皆さまにお届けできることを大変嬉しく思っています。私たちは常に最高のアニメーション作品をNetflixオリジナルとして日本以外のメンバーにも配信し、今後さらに業界のトップクリエイターと一緒に仕事ができる機会が増えていくことを楽しみにしています。」

ポリゴン・ピクチュアズ代表取締役社長の塩田周三氏も、「待望の『BLAME!』映画化作品が、Netflixで独占配信されることを非常に喜んでいます」とコメントしています。「映像の一部を観ましたが、大変革新的な作品に仕上がっており、特にHDRで観ると際立って素晴らしいです。全世界のファンが本作を体験する日を心待ちにしています!」

「BLAME!」は、日々拡充されるNetflixオリジナルコンテンツの最新作として世界に独占配信されます。Netflixではまた、「BLAME!」 と「シドニアの騎士」の両作品を最先端のHDR (ハイダイナミックレンジ) で配信する予定です。HDRでの配信は、絶えず革新的なコンテンツを世界中のエンターテインメントファンに提供するNetflixによる、アニメーション界での新たな1ページを刻む出来事となるでしょう。

Netflixについて

世界最大級のオンラインストリーミングサービス。190以上の国で8300万人のメンバーにご利用いただいています。オリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日1億2500万時間を超える映画やドラマを配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できます。コマーシャルや契約期間の拘束は一切なく、思いのままに再生、一時停止、再開することができます。

ポリゴン・ピクチュアズについて

ポリゴン・ピクチュアズは1983年7月に設立されて以来、「誰もやっていないことを圧倒的なクオリティで世界に向けて発信していく」ことをミッションに掲げ、最先端のエンターテインメントコンテンツの制作を手がける日本有数のデジタルアニメーションスタジオです。マレーシアの合弁会社Silver Ant PPI Sdn.Bhd.、映像ソフトウェア開発を手がける株式会社ジェー・キューブのグループ会社2社を含め、国内外から400名以上のクリエイターが集結。「ポリゴン・ファミリー」として、日々さまざまなメディア向けのコンテンツ制作に力を注いでいます。代表作に、「トランスフォーマー プライム」「スター・ウォーズ: クローン・ウォーズ」 (両作ともデイタイム・エミー賞受賞) 、「トロン: ライジング」 (アニー賞受賞) 、「シドニアの騎士」 (静野孔文監督) 、「山賊の娘ローニャ」 (宮崎吾朗監督) 、「亜人」 (瀬下寛之総監督、安藤裕章監督) など。

今後も世界的に評価が高い日本のアニメーションのクオリティと、他の追随を許さない独自の技術や企画ノウハウを融合させ、コンテンツビジネスにおけるリーディング企業を目指します。詳細につきましては、 http://www.ppi.co.jp.をご覧ください。

トップ