Netflixとニコロデオンが、世界中のキッズやファミリー向けにオリジナルアニメ映画およびシリーズを制作するため、複数年にわたるアウトプット・ディールを締結

Netflixとニコロデオンは本日、世界中のキッズやファミリー向けに、ニコロデオンの既存およびまったく新しい知的財産に基づくオリジナルアニメ長編映画やテレビシリーズを制作するため、新たに複数年にわたるアウトプット・ディールを締結したと発表しました。両社の連携によりアニメスペシャル「ロッコーのモダンライフ 〜ハイテクな21世紀〜」や「インベーダー・ジム: フローパス計画」など、すでにいくつかの人気作品がNetflixで実現していますが、本契約により両社の関係はさらに拡大することになります。また今後、「The Loud House (原題)」や「Rise of the Teenage Mutant Ninja Turtles (原題)」に基づくスペシャルの配信が予定されています。

「ニコロデオンはキッズが喜ぶ多数のキャラクターを生み出してきました。我々はそうしたキャラクターが住む世界を再び心に描き発展させていく、まったくオリジナルなストーリーを語ることを楽しみにしています」と、Netflixのオリジナル・アニメーション部門のバイスプレジデントを務めるメリッサ・コブは述べました。「Netflixの世界中の視聴者のために、新鮮な声を見つけ大胆なストーリーを届けようと新たな方法を試みながら、ブライアン・ロビンス、ラムジー・ナイトー、そしてニコロデオンのクリエイティブチームとコラボレーションを続けて行くことにワクワクしています」

「ニコロデオンが前進するための次の1歩は、直線的なプラットフォームに留まらず拡大を続けていくことです。私たちの幅広いコンテンツに関してNetflixとパートナーシップを組むことは、そうしたゴールへの重要な道なのです」と、ニコロデオンのプレジデントを務めるブライアン・ロビンスは述べました。

さらに、「ニコロデオン・アニメーション・スタジオは、史上最も象徴的なキャラクターや番組を生み出した、世界的なアーティストやストーリーテラーを多く抱えています。またアニメーション部門の責任者ラムジー・ナイトーは、昨年から開発や製作を飛躍的に進め、作品を膨らませています。 私たちのスタジオにはアイデアや作品があふれているので、メリッサやNetflixのチームと共に、世界中のキッズやファミリーのために質の高いオリジナルアニメコンテンツ群に取りかかるのが待ちきれません」と続けました。

Netflixアニメーションは、あらゆるジャンル、スタイル、手法を越えて、世界的なストーリーテラーのコミュニティを支援しています。2019年に配信されるアニメ作品には、セルジオ・パブロスによるファミリー向けアニメ長編映画「クロース」(11月15日配信開始)、日本発キッズ向けアニメシリーズ「恐竜少女ガウ子」(11月22日配信開始)、ジェレミー・クラパンによる大人向けアニメ映画「失くした体」(11月29日配信開始)、ドリームワークスによる「ワイルド・スピード: スパイ・レーサー」(12月26日配信開始) などがあります。

Netflix (ネットフリックス) について

Netflixは、190ヵ国以上で1億5800万人の有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画などを多言語で配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。当社サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメンデーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。

ニコロデオンについて

設立40周年を迎えるニコロデオンは、キッズ向けエンターテインメントのトップブランドです。すべてにおいて子供を第1に考えることで、多様なグローバル事業を築いてきました。米国および世界中でテレビ番組や作品を供給し、消費者向け製品、デジタル体験、テーマパークなどのロケーション限定体験、出版事業、長編映画なども展開しています。詳細情報やアートワークについては、http://www.nickpress.com.をご覧ください。ニコロデオンおよびすべての関連作品、キャラクター、ロゴはViacom Inc. (NASDAQ: VIA, VIAB) の商標です。


トップ