サンドラ―が、さらなる笑いの旋風を巻き起こす。

朗報: サンドマンがNetflixと新たな契約を締結。悲報: サンドマンが再びスーツを着なければならない可能性あり。

カリフォルニア州ハリウッド発、2020年1月31日 - アダム・サンドラーは、Netflix映画「マーダー・ミステリー」で人気を博したばかりですが、Netflixは、そのサンドラーとハッピー・マディソン・プロダクションと共に、さらに4本の映画を制作するべく、契約の延長を決定しました。サンドラ―はNetflixメンバーの皆さんにとても愛されていて、「リディキュラス・シックス」の配信が開始された2015年から現在までのサンドラー作品の総再生時間は、驚きの20億時間。サンドラー作品が飽きられることはないようです。 

Netflixコンテンツ最高責任者のテッド・サランドスは次のように話しています。「サンドマン、ウォーターボーイ、ビリ―・マジソン、ハッピー・ギルモア、ニック・スピッツ、もしくはシンプルにアダムなど、サンドラーは色々な名前で知られていますが、1つだけ確かなことがあります。それは、Netflixのメンバーが常に彼を求めているということです。メンバーの皆さんは、「マーダー・ミステリー」のような、彼のつくり出す物語とユーモアが大好きなのです。私たちNetflixは、アダムとハッピー・マディソン・プロダクションチームとのパートナーシップ契約を延長できること、そして彼らと共に世界中にさらなる笑いをお届けできることを、とても嬉しく思っています。」

サンドラーは現在、ジョシュ&ベニー・サフディ兄弟が手掛ける、高い評価を得た映画「アンカット・ダイヤモンド」で主演を務めています。 本作は、A24社によりアメリカでの劇場で公開されており、Netflixでも1月31日から全世界に配信される予定です (アメリカのみ5月に配信開始予定)。 サンドラーは、本作で演じたハワード・ラトナー役で、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、ラスベガス映画批評家協会賞、ボストン映画批評家協会賞、オクラホマ映画批評家協会賞、セントルイス映画批評家協会賞、オースティン映画批評家協会賞、そしてAARP誌の大人のための映画賞において、主演男優賞を受賞。インディペンデント・スピリット賞でも、主演男優賞にノミネートされました。また、サンドラーは、Netflixオリジナルコメディ「アダム・サンドラーの100%フレッシュ」と、今シーズン「サタデー・ナイト・ライブ」でホストを務めたエピソードでエミー賞にもノミネート。さらに、彼がジェニファー・アニストンと共演したNetflix映画「マーダー・ミステリー」は、2019年のピープルズ・チョイス・アワードでコメディ映画賞を受賞しています。 

年内には、ファミリー向け映画「Hubie Halloween (原題)」が公開される予定で、サンドラーは主演を務めます。共演は、ケヴィン・ジェームズ、ジュリー・ボーウェン、レイ・リオッタ、マーヤ・ルドルフ、ロブ・シュナイダー、キーナン・トンプソン、スティーヴ・ブシェミ、マイケル・チクリス、ティム・メドウス、ノア・シュナップ、パリス・ベレルス、チャイナ・アン・マクレイン、シャキール・オニール。また、サンドラーが脚本、制作、主演声優を務めるスタジオ制作の長編アニメ映画も予定されています。  

「リディキュラス・シックス」はサンドラ―がスタジオと制作した最初の作品で、その後、「ドゥ・オーバー: もしも生まれ変わったら」「サンディ・ウェクスラー」「ウィーク・オブ・ウェディング」「マーダー・ミステリー」そして高い評価を得たスタンドアップ・コメディスペシャルの「アダム・サンドラーの100%フレッシュ」が制作されました。 また、ハッピー・マディソン・プロダクションは、「ファーザー・オブ・ザ・イヤー」と近日公開予定の「僕のミッシー」の制作も担当しています。

サンドラーの映画は、これまでに30億円以上の興行収入を収めており、「アダルトボーイズ青春白書」「エージェント・ゾーハン」「アダム・サンドラーはビリー・マジソン/一日一善」「ビッグ・ダディ」「ウォーターボーイ」などの作品は、全世界の興行収入ランキングを席巻しました。俳優、脚本家、プロデューサー、時にはシンガーソングライターまで務める、多彩な才能に溢れたサンドラーは、2014年にストリーミングサービスの世界に参戦。彼の映画は、Netflixで大成功を収めました。 

サンドラーはコメディアンとしても活動を開始し、ハッピー・マディソン・プロダクション設立前には、脚本家兼出演キャストとして「サタデー・ナイト・ライブ」に参加。その後、一躍スターとなった彼は、数々の大ヒット映画の制作と脚本を担当しました。 

数字で見るアダム・サンドラー: 

  • 20億:  「リディキュラス・シックス」の配信が開始された2015年から現在までに、Netflixメンバーがアダム・サンドラー作品の視聴に費やした時間は、20億時間を超えます。

  • 8,300万:  Netflixで配信開始から4週間以内に「マーダー・ミステリー」を視聴した世帯の数。 

  • 人気ナンバー1: 昨年、「マーダー・ミステリー」は、アメリカにおいて、Netflixの全作品中、最も人気の作品に、映画としては世界ナンバーワンの人気を獲得しました。また、同作は、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン、シンガポール、アラブ首長国連邦の8つの国においても、Netflixの全作品中トップの人気を誇りました。 

  • 6: サンドラ―がNetflixと共同制作した映画の数。「リディキュラス・シックス」「ドゥ・オーバー: もしも生まれ変わったら」「サンディ・ウェクスラー」「ウィーク・オブ・ウェディング」「マーダー・ミステリー」そして、ファミリー向け映画「Hubie Halloween (原題)」も、年内の配信が予定されています。

  • 22年:  昨年、サンドラーは、22年のキャリアの中で初となるスタンドアップ・コメディスペシャル、「アダム・サンドラーの100%フレッシュ」をリリースしました。この作品を、ニューヨーク・タイムズ紙は「非の打ち所がない感情表現」と絶賛。サンドラ―がこれほどまでに愛される理由と、彼が現代における最高のコメディアンであることを人々に再認識させました。

Netflix (ネットフリックス) について

Netflixは、190ヵ国以上で1億6700万人を超える有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを多くの言語で配信しています。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけ映画やシリーズを楽しんでいただけます。また、一人ひとりの好みに合わせた作品をおすすめする独自の機能により、観たい作品が簡単に見つかります。広告や契約期間の拘束は一切ありません。


トップ