サンダンス映画祭でセンセーションを巻き起こしたインド映画「Brahman Naman (原題)」がNetflixにて全世界独占配信

カリフォルニア州ビバリーヒルズ発、2016年2月1日 - インドの人気自主制作映画監督Qによる抱腹絶倒の青春コメディ「Brahman Naman (原題)」が、今年後半に全世界においてNetflixで独占配信されます。

「Brahman Naman (原題)」の舞台は1980年代のバンガロール。頭脳明晰な高校生クイズチャンピオン、ナーマンが全国大会での優勝を目指し、どうしようもないオタクな友達と一緒にカルカッタへと向かいます。頭が良く、情熱にあふれた若き3人組は大会優勝を胸に誓いますが、実は今回の旅には童貞を捨てるという別の目的もあったのです。

インドで最もエネルギッシュかつ刺激的な自主制作映画監督の1人として、世界中から尊敬されているQの最新作は、典型的なアメリカのティーンコメディを下品な英国風言葉遊びでさらに鋭くし、新進気鋭のインド人キャストを用いてインドの古い社会制度に投げつけています。先週、2016年サンダンス映画祭のドラマ (ワールドシネマ) 部門にて、当作品は初公開されました。

「Brahman Naman (原題)」の際どさはインド映画の中でもピカイチです。勢いがよく、とにかく騒々しくて面白い」と、Netflixの最高コンテンツ責任者テッド・サランドスは話します。「この映画は10代の若者にすごくウケるでしょうね。こんな面白い映画を世界中のNetflixメンバーに配信できるんですから、とても興奮していますよ」

「Brahman Naman (原題)」は、「Gandu, Tasher Desh (原題)」「Ludo (原題)」に続くQの最新作です。脚本はナーマン・ラマチャンドラ、製作はスティーヴ・バロンとセリーヌ・ループ。「Brahman Naman (原題)」で主演を務めるのは、ナーマン役のシャシャンク・アローラ、彼の親友役のタマニー・ダナニアとチャイターニャ・ヴァラド。他にもヴァイスワス・シャンカー、シンドゥ・スリーニヴァサ・マーシー、シッダース・マルヤなどが出演します。

Netflixについて

世界最大級のオンラインストリーミングサービス。190以上の国で7500万人のメンバーにご利用いただいています。オリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日1億2500万時間を超える映画やドラマを配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できます。コマーシャルや契約期間の拘束は一切なく、思いのままに再生、一時停止、再開することができます。

トップ