デヴィッド・ウェルズ、Netflixの最高財務責任者を退任

急成長期のNetflixを指揮し、秀逸な投資収益をもたらしたウェルズは、後任者の選定まで社に留まる予定です。

カリフォルニア州ロスガトス発、2018年8月13日 -- Netflixは本日、最高財務責任者のデヴィッド・ウェルズが後任者の選出に助力後、退任する予定であることを発表しました。後任者は内外の候補者から選出されます。ウェルズは2004年にNetflixに入社、2010年からCFOを務めており、後任者が就任しスムーズに引き継ぎが行われるまで留まる意向です。

ウェルズは次のように語っています。「Netflixでの14年間は素晴らしいものでした。これまでに達成したすべてのことを誇りに思っています。自らの人生に変化をもたらしたいという意向をリードに伝えた後、2人の共通見解として、Netflixの良好な財務状態と有望な成長計画を鑑みると今こそ次の財務責任者を選出する時期だと判断しました。私個人としましては、今後もっと慈善活動に注力したいと考えています。そして、大きな課題に挑戦したいと思いますが、それが具体的にどのような形になるかはまだわかりません。」

NetflixのCEOであるリード・ヘイスティングスはこう述べています。「デヴィッドは長年、Netflixにとっても私にとっても大切なパートナーでした。デヴィッドがNetflixの劇的な成長期に財務を巧みに管理してくれたおかげで、世界中のメンバーに素晴らしいエンターテインメントを提供するとともに投資家の皆様にも顕著な利益を配分することができました。移行期間中はデヴィッドと力を合わせて次期CFOの選出にあたり、引き続きNetflixの大きな目標を追求していく所存です。」

Netflixについて

Netflixは、190ヵ国以上で1億3,000万人超のメンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級のオンラインストリーミングサービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画などを多言語で配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけエンターテインメントを楽しむことができます。当社サービスには、広告や契約期間の拘束は一切ないうえ、Netflix独自のレコメンデーション機能が一人ひとりのメンバーの好みに合わせて作品をオススメするので、お気に入りの作品が簡単に見つかります。

トップ