Netflix初となるドイツ制作オリジナル作品「ダーク」撮影開始

カリフォルニア州ビバリーヒルズ発、2016年10月18日 -- NetflixとWiedemann & Berg Televisionは本日、Netflixオリジナル作品としては初めてドイツで制作される「ダーク」の撮影開始を発表しました。制作総指揮はバラン・ボー・オダー監督とヤンチェ・フリーゼ。ふたりは以前にも映画「ピエロがお前を嘲笑う」でコンビを組んでおり、今回再び共同で「ダーク」の原案と総指揮にあたります。エグゼクティブプロデューサーには、この2人に加えてクイリン・ベルク、マックス・ヴィーデマン、ユスティナ・ムッシュが並び、撮影監督にはニコラウス・スメラーが起用されています。

家族史ミステリーとも言うべき本作の出演者は、ルイス・ホフマン、オリヴァー・マスッチ、ヨルディス・トリーベル、マヤ・シェーネ、セバスティアン・ルドルフ、アナトール・タウプマン、マルク・ヴァシュケ、カロリーヌ・アイヒホルン、シュテファン・カンプヴィルト、アネ・ラテ=ポレ、アンドレアス・ピーチュマン、リサ・ヴィカリ、アンゲラ・ヴィンクラー、ミヒャエル・メンドルほか多数。3月末までベルリンとその周辺でロケ撮影が行われる予定です。家族の歴史をめぐる「ダーク」、Netflixでの独占配信は2017年後半を予定しています。

世界最大級のオンラインストリーミングサービス、Netflix初のドイツ制作となる本作は、ドイツの小さな町が舞台。2人の子供の失踪をきっかけに、4家族が内包する二重生活と崩壊した関係が明らかになります。各話1時間、全10話。物語は予想もつかない驚きの展開を見せ、謎は1986年当時のこの町へ、すなわち30年前の過去へとつながっていきます。

「ボーとヤンチェの名コンビは、ユニークですぐれたスリラー映画を生み出した実績があります。この「ダーク」には、早くも傑作の予感がします。Netflixオリジナル作品としては初めてドイツでの制作が開始され、私たちの期待も高まっています。非凡なふたりのビジョンが形になったところを早く観たいものです。」と、Netflixのバイスプレジデントを務めるエリック・バーマックは語っています。

当のバラン・ボー・オダーとヤンチェ・フリーゼは「ダーク」について、「国際的なシリーズものを手がけるのは、心躍る新しい体験です。Netflixを通じて作品が世界の視聴者に届くと思うと、ドイツ的なものの見方を探求し、限界を超えたいという気にさせられますね。ドイツ国内と世界の両方にファンがいるようなシリーズにしたいと願っています。」と話しています。

ショーランナー (制作総責任者) について

ヤンチェ・フリーゼとバラン・ボー・オダーはどちらもミュンヘン映画テレビ大学 (HFF) の出身で、オダーのデビュー作である「23年の沈黙 (2010)」以来のコンビ。最新作「ピエロがお前を嘲笑う」は、2014年のトロント国際映画祭でプレミア上映され、絶賛を博しました。ドイツ国内では観客からも批評家からも高く評価されており、ドイツ映画賞、バンビ賞 (ドイツ国内映画部門) を受賞しています。ボー・オダーは、バラエティ誌の「注目すべき10人の映画監督」にも選ばれました。同監督のハリウッドでのデビュー作、2017年公開の「Sleepless (原題)」には、アカデミー賞受賞俳優のジェイミー・フォックスが出演。

Wiedemann & Bergについて

クイリン・ベルクとマックス・ヴィーデマンはミュンヘン映画テレビ大学 (HFF) 在学中の2003年に、自分たちの制作会社を設立しました。最初の長編映画「善き人のためのソナタ」がアカデミー賞外国語映画賞を受賞。その後も興行的成功をおさめており、代表作としては、バラン・ボー・オダーが監督、ヤンチェ・フリーゼがエグゼクティブプロデューサーを務めた「ピエロがお前を嘲笑う」が挙げられます。2010年にはWiedemann & Berg Televisionを立ち上げ、ドイツ初となった有料TV放映シリーズ (2012年) を含めて、映画、シリーズもの、ミニシリーズなどを幅広く制作してきました。英国アカデミー賞、セザール賞、ヨーロッパ映画賞、ハリウッド・レポーター賞、ロサンゼルス批評家協会賞、バンビ賞、ドイツテレビ賞、ドイツ映画賞、ゴールデンニンフ賞、アドルフグリム賞、マグノリア賞、ロッキー賞など、数々の賞を獲得しています。

Netflixについて

Netflixは、190ヵ国以上で8300万人を超えるメンバーをもつ世界有数のインターネット映像配信ネットワークです。オリジナル作品、ドキュメンタリー、長編映画を含め、1日1億2500万時間を超えるTV番組や映画を配信しています。メンバーはほぼすべてのインターネット接続デバイスで、好きなときに、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴ができ、広告や契約期間の拘束は一切ありません。ですから、思いのままに映像体験を楽しむことが可能です。

トップ