Netflixのスペイン語オリジナルシリーズ第2弾「Élite (原題)」、2019年に配信予定

「空の上3メートル」「I Want You (原題)」のプロデューサーが贈る、奔放で熱い官能のドラマ。2018年初頭より撮影開始。

スペイン、マドリード発、2017年7月13日 - 世界最大級のオンラインストリーミングサービスNetflixは、ヨーロッパ各国語のコンテンツに強力な投資を続けており、このたび2019年に全世界に向けて配信予定の、新たなスペイン語ドラマシリーズの企画製作を発表しました

「Élite (原題)」を手がけるのは、スペインを代表する2人の脚本家、カルロス・モンテーロ (「El comisario (原題)」、「情熱のシーラ」脚本、「Physical or Chemical (原題)」制作) とダリオ・マドローナ (「Génesis (原題)」、「La chica de ayer (原題)」、大ヒット作「The Protected (原題)」共同制作) で、製作はZeta Audiovisual社 (「Ahora o Nunca (原題)」、「空の上3メートル」、「I Want You (原題)」) です。シーズン1は8話連続で、すべて4K撮影となります。

舞台となるラス・エンシナスは、エリートの子供たちが通うスペインで一番の名門校です。そこへ、新たに3人の労働者階級の生徒が転校生としてやってきます。理由は3人がそれまで通っていた公立校の校舎が地震で倒壊し、地方評議会の決定で同じ地域内の学校に生徒たちが振り分けられたため。すべてを持つ者と、失うものなど何もない者との対立は最悪の状況を引き起こし、ついには殺人事件が発生します。はたしてその犯人とは...。

Netflixのインターナショナル・オリジナル部門 バイスプレジデントを務めるエリック・バーマックは、「このような才能あふれる人たちと一緒に、若い世代の先鋭的なスリラー作品をスペインから送り出すと思うと心が躍ります。世界中の視聴者に楽しんでいただけるでしょう。」と語っています。

本作に描かれるエリート校は、友人との人間関係がきわめて複雑であり、セックスは禁止、恋愛すら不可能に近いという世界です。「ティーンエイジャー向けのドラマをつくるのは難しいですが、やり甲斐があります。人生のうちで一番、いろいろなことが重要な意味をもつ時期ですから。欲望もあり、エリート社会に適応していかなければならない。素晴らしい青春にもなりうると同時に、挫折と絶望に陥ることもありえます。」そう語るのはフランシスコ・ラモス。スペインで史上最高のヒットを記録した若者向けのブロックバスター、「空の上3メートル」と「I Want You (原題)」両作の製作総指揮を務めた人物です。

「Élite (原題)」は2019年にNetflixより独占配信が開始される予定です。

Netflixについて

世界最大級のオンラインストリーミングサービス。190以上の国で1億人超のメンバーにご利用いただいています。オリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日1億2500万時間を超える映画やドラマを配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できます。コマーシャルや契約期間の拘束は一切なく、思いのままに再生、一時停止、再開することができます。

Zeta Audiovisual社について

Zeta Audiovisualはマルチメディアの複合企業体であるZetaグループの一角で、スペイン映画界における最高の興行的成功を収めた映画を製作している有望な会社です。最近の主な映画としては、アルベルト・ロドリゲス監督の「スモーク・アンド・ミラーズ 1000の顔を持つスパイ」、マリア・リポル監督の「Don’t blame it on your karma (原題)」、ハビエル・ルイス・カルデラ監督の次回作「Superlopez (原題)」などが挙げられます。TVシリーズでは「El síndrome de Ulises (原題)」、「Cazadores de hombres (原題)」が知られており、今回の「Élite (原題)」が久しぶりのTV再登場となります。

トップ