アンという名の少女

カナダ人作家ルーシー・モード・モンゴメリーの不朽の名作小説「赤毛のアン」を原作とする「アンという名の少女」。新キャラクターやストーリーラインが加わるシーズン2でも、引き続き大胆で新しい領域に踏み込み、不屈の精神を持つ情熱的な夢想家のヒロイン、14才のアンの目を通して、アイデンティティ、偏見、フェミニズム、いじめ、ジェンダー平等、エンパワーメントといったテーマをさらに掘り下げます。

モイラ・ウォリー=ベケットがクリエイターを務め、新たな解釈が添えられた青春物語に再び出演するのは、エイミーベス・マクナルティ (アン・シャーリー・カスバート)、ジェラルディン・ジェームズ (マリラ・カスバート)、R・H・トムソン (マシュー・カスバート)、コリーン・コスロ (レイチェル・リンド)、ダリラ・ベラ (ダイアナ・バリー)、エイメリック・ジェット・モンタズ (ジェリー・ベイナード)、ルーカス・ズマン (ギルバート・ブライス)、カイラ・マシューズ (ルビー・ギリス) らファン待望の顔ぶれ。さらにシーズン2では、モイラ・ウォリー=ベケットはじめ全員女性の脚本家が集うライターズルームで考案された、ダルマー・アブゼイド (セバスチャン・ラクロワ) やコーリー・グルーター・アンドリュー (コール・マッケンジー) などの新しいキャラクターも登場します。

カナダのCBC局とNetflixのオリジナルシリーズ「アンという名の少女」の製作を手がけるのはノースウッド・エンターテインメント。モイラ・ウォリー=ベケットがクリエイターを務めます。製作総指揮にミランダ・ドゥ・ペンシエ、モイラ・ウォリー=ベケット、デブラ・ヘイワード、アリソン・オーウェン、ケン・ジロッティ、プロデューサーにジョン・カルバートが名を連ねます。

Netflixでアンという名の少女を視聴する。

プレス担当者連絡先

Jason Clark

Donny Murdock / Photo & Clip Requests

Francesca Perego / Photo & Clip Requests

アセットにアクセスするには、ログインまたはアカウント登録してください。

トップ