マンデーに起きたこと

舞台は近未来。人口過多と食糧不足により、政府が極端な"一人っ子政策"を敷くことを余儀なくされる世界で生まれた7つ子の姉妹は、児童分配局の目を欺きながら生きていました。冷酷なニコレット・ケイマン (グレン・クローズ) 率いる同局が2人目以降の子供を親から引き離す政策を執行する中、7人姉妹はカレン・セットマン (ノオミ・ラパス) という共通人格を日替わりで演じることで監視の目をくぐり抜けていたのです。姉妹の育ての親である祖父 (ウィレム・デフォー) から授けられた教えとそれぞれの名前、マンデー、チューズデー、ウェンズデー、サーズデー、フライデー、サタデー、サンデーの通り、姉妹は1週間に1日、自分の名前の曜日のみカレンとして外出することが許され、自分自身でいられるのは自宅にこもって過ごすそれ以外の曜日だけでした。しかしある日、姉妹はマンデーが出かけたまま帰宅しないことに気付き...。

Netflixで「マンデーに起きたこと」をお楽しみください。

アセットにアクセスするには、ログインまたはアカウント登録してください。

トップ