Netflix ISPスピードインデックス、2016年5月

Netflix ISPスピードインデックスは、各インターネットサービスプロバイダ (ISP) のゴールデンタイムにおけるNetflixの最高のストリーミング状態を数値化した指標で、毎月更新されます。以下に5月の結果をお知らせします。

米国ではインデックス上位のISPのパフォーマンスがきわめて高い水準に集中し、上位4社の平均は3.65メガビット/秒 (Mbps) から3.61 Mbpsの範囲内におさまっています。Bright Houseが初めて首位に立ち、Verizon FiOS、Cox、Cablevisionが僅差で続きました。

先日調査対象に加わったアジア諸国では大きな動きが出始めました。韓国ではKorea Telecomが順位を2つ上げて首位に立ちました。月次平均速度は3.03 Mbpsと、先月の2.55 Mbpsから大幅に上昇しています。台湾ではHoshin Multimediaが同国のインデックスで順位を4つ上げました。月次平均速度は2.81 Mbpsと、4月の2.21 Mbpsを大幅に上回りました。

アルゼンチンではTelecomが順位を2つ伸ばして3位になりました。平均速度は2.16 Mbpsと、先月の1.67 Mbpsから大幅に上昇しました。

Netflix ISPスピードインデックスはゴールデンタイムにおけるNetflixのパフォーマンスをISPごとに評価したもので、特定のISPのネットワークで伝達される他のサービスやデータの相対的なパフォーマンスを評価したものではありません。Netflixのパフォーマンスが高いということは、画質が良く、起動時間が短く、中断が少ないということを意味します。

国ごとの上位20社までのランキングをご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

us-leaderboard-2016-05.jpg

south-korea-leaderboard-2016-05.jpg


argentina-leaderboard-2016-05.jpg

--アン・マリー

アン・マリー・スクェオ (Anne Marie Squeo) はNetflixコミュニケーションチームの一員です。

もっと読む: Netflixブログ

Netflix ISPスピードインデックス、2016年6月

Netflix ISPスピードインデックスは、各インターネットサービスプロバイダ (ISP) のゴールデンタイムにおけるNetflixの最高のストリーミング状態を数値化した指標で、毎月更新されます。以下に6月の結果をお知らせします。 もっと読む

トップ