Netflix ISPスピードインデックス、2019年6月

6月、各インターネットサービスプロバイダ (ISP) のゴールデンタイムにどれだけ快適にNetflixを視聴できるかを表す指標であるNetflix ISPスピードインデックスには、いくつかの大きな動きが見られました。

台湾では、2つのISPで1.0 Mbps (メガビット毎秒) 以上の速度上昇が確認されました。最大の上昇を記録したのは台湾のSo-netで、1.1 Mbps上げて月次平均速度を3.44 Mbps (5月は2.34 Mbps) へと向上させています。一方、Taiwan Broadbandも月次平均速度が5月の2.76 Mbpsから3.76 Mbpsへと上昇しました (1.0 Mbpsの伸び)。こうした上昇と他の要因により、台湾は国別ランキングの順位を4つ上げて第26位となりました (5月は30位)。

その他の地域では、ドミニカ共和国のAlticeが月次平均速度を3.06 Mbps (5月は2.59 Mbps) へと大きく伸ばしました。デンマークのDansk Kabel TVも月次平均速度が3.91 Mbps (5月は3.62 Mbps) に向上しています。

台湾以外では、エクアドルでも複数のISPが速度上昇を記録しました。エクアドルのPuntoNet (DSL、ワイヤレス、サテライト) の月次平均速度は、前月の1.86 Mbpsから2.11 Mbpsへ、 Netflifeは前月の3.65 Mbpsから3.88 Mbpsへそれぞれ上昇しています。

一方、目立った速度低下を示した地域もありました。台湾のKBroの月次平均速度は前月の3.29 Mbpsから3.09 Mbpsへと低下。南アフリカのCell Cも、前月の3.35 Mbpsから3.02 Mbpsに低下しました。ハンガリーのinvitelの月次平均速度は2.90 Mbpsと落ち込みを示しています (5月は3.22 Mbps)。

6月、トルコでは2つのISPが速度低下を見せています。0.66 Mbpsと最大の低下を記録したTüksat Kabloは、月次平均速度が2.89 Mbpsに落ち込みました (5月は3.55 Mbps)。一方、Turkcell Superonlineも5月の3.45 Mbpsから3.24 Mbpsへと低下を記録しました。

6月の国別ランキングでは、以下の順位変動が見られました。

  • サウジアラビアは順位を5つ下げて第48位 (5月は43位)。
  • タイは順位を4つ上げて第12位 (5月は16位)。
  • インドネシアは順位を4つ上げて第34位 (5月は38位)。

Netflix ISPスピードインデックスは、ゴールデンタイムにおけるNetflixのパフォーマンスをISPごとに評価したもので、そのISPのネットワークを経由して配信されるNetflix以外のサービスやデータに関する全体的なパフォーマンスを示すものではありません。Netflixのパフォーマンスが高いネットワークで視聴すると、通常は画質が良くなる、作品がすばやく再生される、再生が途中で止まりにくくなるなど、より快適にご覧いただけます。接続速度を確認するには、任意のインターネットブラウザでhttp://FAST.comにアクセスするか、iOSまたはAndroidのアプリ、FASTSpeed Testをダウンロードしてください。

ケイト・スタンホープ

ケイト・スタンホープはNetflixコミュニケーションチームの一員です。

もっと読む: Netflixブログ

最高の環境でNetflixをご覧いただける2019年推奨テレビ

リラックスしてNetflixを観ようという時、できるだけ手軽に観始めたいですよね。そんなとき「ストレンジャー・シングス 未知の世界」など特定の作品の再生ボタンを押して、いかに簡単に、素早くその画面にアクセスできるかどうかは、お手持ちのテレビの性能が大きく関係しているのです。 もっと読む

トップ