Netflix ISPスピードインデックス、2018年1月

Netflix ISPスピードインデックスは、各インターネットサービスプロバイダ (ISP) のゴールデンタイムにどれだけ快適にNetflixを視聴できるかを表す指標で、毎月更新されます。以下に1月の結果をお知らせします。

1月に最大の速度上昇を記録したのは韓国のD LIVEで、0.59 Mbps (メガビット毎秒) のスピード上昇を見せ、月次平均速度は12月の2.25 Mbpsから2.84 Mbpsとなりました。D LIVEに続いたのがスイスのSwisscomで、月次平均速度を前月の4.26 Mbpsから4.75 Mbpsに上げています。その他上昇を見せたのは、スピードを0.45 Mbps上げて平均速度を4.45 Mbpsに伸ばしたタイのAISと、0.30 Mbps上げて平均速度が3.35 Mbpsに上昇したイスラエルのNetvisionでした。

今月に入り、サウジアラビアとアジア太平洋地域などで目立った速度低下が見られました。

1月に最大の速度低下が見られたのはサウジアラビアのSTCで、スピードを0.70 Mbps落として、月次平均速度は12月の2.87 Mbpsから2.17 Mbpsに下がりました。これに加えてその他の速度低下により、サウジアラビアは国別ランキングで順位を9ランク下げて第54位となりました。

アジアでは、1月にインドネシア、マレーシア、台湾のISPに速度低下が見られました。

  • インドネシアでは、Indosat-Fibreの月次平均速度が (12月の4.26 Mbpsから) 3.69 Mbpsに、Neuvizの平均速度も (12月の2.26 Mbpsから) 1.80 Mbpsに落ちました。
  • マレーシアは、国別ランキングで順位を15下げて第38位となりました。Telekom Malaysia Berhadがスピードを0.64 Mbps落としたことがランキング低下の一因となっています。
  • 台湾は国別ランキングで順位を5ランク下げて第31位となりました。KBroの月次平均速度が (12月の3.40 Mbpsから) 3.05 Mbpsに落ちたことと、その他の低下が順位を下げた要因となります。

さらに、その他の国でも顕著な速度低下が見られました。

  • アメリカのHargrayは、(12月の2.89 Mbpsから) 2.41 Mbpsに平均速度を落としています。
  • ギリシャのWind Hellasは、平均速度が3.03 Mbpsから2.62 Mbpsに低下しました。
  • コロンビアのETBも、平均速度が2.94 Mbpsから2.54 Mbpsに低下しました。

Netflix ISPスピードインデックスは、ゴールデンタイムにおけるNetflixのパフォーマンスをISPごとに評価したもので、そのISPのネットワークを通って配信されるNetflix以外のサービスやデータに関する全体的なパフォーマンスを示すものではありません。Netflixのパフォーマンスが高いネットワークで視聴すると、通常は画質が良くなる、作品がすばやく再生される、再生が途中で止まりにくくなるなど、より快適にご覧いただけます。接続速度を確認するには、任意のインターネットブラウザでhttp://FAST.comにアクセスするか、iOSまたはAndroidのアプリ、FAST Speed Testをダウンロードしてください。

速度ランキングトップ10の国をご覧になるには、こちらをクリックしてください。

バオ・グエン

バオ・グェン (Bao Nguyen) はNetflixコミュニケーションチームの一員です。

もっと読む: Netflixブログ

Netflix ISPスピードインデックス、2017年12月

Netflix ISPスピードインデックスは、各インターネットサービスプロバイダ (ISP) のゴールデンタイムにおけるNetflixの最高のストリーミング状態を数値化した指標で、毎月更新されます。以下に12月の結果をお知らせします。 もっと読む

トップ