Netflix ISPスピードインデックス、2019年2月

Netflix ISPスピードインデックスは、各インターネットサービスプロバイダ (ISP) のゴールデンタイムにどれだけ快適にNetflixを視聴できるかを表す指標で、毎月更新されます。以下に2月の結果をお知らせします。

今月最大の速度上昇を記録したのは、1月に速度低下を記録していた台湾のFarEasToneでした。FarEasToneの2月の月次平均速度は0.84 Mbps (メガビット毎秒) 上昇して3.19 Mbpsとなり、1月の2.35 Mbpsから持ち直しました。この他にも、2月は複数のISPが前月の落ち込みから上昇に転じています。

  • フィリピンでは、Globeの月次平均速度が2.85 Mbps (前月は2.23 Mbps)、Converge ICT Solutionが3.13 Mbps (前月は2.82 Mbps) とそれぞれ上昇へと好転しました。
  • ハンガリーのTelekomの月次平均速度は3.72 Mbps (前月は2.98 Mbps) に向上しました。

2月は南米でも多くのISPが月次平均速度の上昇を記録しています。

  • ボリビアのCOTASの月次平均速度は2.98 Mbps (前月は2.40 Mbps) と大幅上昇しました。
  • チリのMundo Pacificoの月次平均速度は4.04 Mbps (前月は3.54 Mbps) に上昇。
  • コロンビアのClaroも月次平均速度が3.41 Mbps (前月は3.02 Mbps) に向上しています。

その他にも、今月は以下のISPが速度上昇を記録しました。

  • 韓国では、LG U+の月次平均速度が4.20 Mbps (前月は3.87 Mbps)、SK Broadbandが2.03 Mbps (前月は1.64 Mbps) にそれぞれ上昇。
  • 南アフリカのTelkomの月次平均速度も2.50 Mbps (前月は1.94 Mbps) に向上しました。

一方、今月は一部のISPが大幅な速度低下を記録し、中でも台湾のTaiwan MobileとエクアドルのPuntoNet (DSL、ワイヤレス、サテライト) の落ち込みが目立ちました。Taiwan Mobileの月次平均速度は2.03 Mbps (前月は2.51 Mbps)、PuntoNetは1.77 Mbps (前月は2.31 Mbps) とそれぞれ低下しています。

国別ランキングでは、以下の顕著な順位変動が見られました。

  • オーストラリアは順位を4つ上げて第13位 (1月は17位)。
  • オーストリアは順位を4つ上げて第20位 (1月は24位)。
  • パナマは順位を6つ上げて第34位 (1月は40位)。
  • インドネシアは順位を5つ下げて第35位 (1月は30位)。
  • トルコは順位を6つ下げて第53位 (1月は47位)。

Netflix ISPスピードインデックスは、ゴールデンタイムにおけるNetflixのパフォーマンスをISPごとに評価したもので、そのISPのネットワークを経由して配信されるNetflix以外のサービスやデータに関する全体的なパフォーマンスを示すものではありません。Netflixのパフォーマンスが高いネットワークで視聴すると、通常は画質が良くなる、作品がすばやく再生される、再生が途中で止まりにくくなるなど、より快適にご覧いただけます。接続速度を確認するには、任意のインターネットブラウザでhttp://FAST.comにアクセスするか、iOSまたはAndroidのアプリ、FAST Speed Testをダウンロードしてください。

バオ・グエン

バオ・グエン (Bao Nguyen) はNetflixコミュニケーションチームの一員です。

もっと読む: Netflixブログ

私たちは皆、誰かと同じ作品を6つ観ている

Netflixの変わることのない信条、それは「人は本質的にエンターテインメントを求める生き物である」ということ。エンターテインメントを通して、私たちは色々な感情を味わったり、他の人と話題を共有したりします。では、私たちには実際、共通の話題はどれぐらいあるのでしょうか? もっと読む

再生可能エネルギーへの取り組みについての最新情報

Netflixが、まるで自分の人生の物語じゃないかと思えるようなシリーズや、世界中の人々の暮らしに触れることのできる映画をお届けするためにはネットワークが必要で、そのネットワークを動かすのに必要なのがエネルギーです。このエネルギーフットプリントに関して、前回のアップデートから少し変化がありましたので、最新の情報をお知らせいたします。 もっと読む

トップ