Netflix ISPスピードインデックス、2019年8月

8月のNetflix ISPスピードインデックスでは、インド各社で速度低下を示しました。Netflix ISPスピードインデックスは、各インターネットサービスプロバイダ (ISP) のゴールデンタイムにどれだけ快適にNetflixを視聴できるかを表す指標です。

8月において、インド国内では、3つのインターネットプロバイダーが速度低下を記録しました。D-VoiSは0.33 Mbps (メガビット毎秒) 下げ、7月の月次平均速度2.9 Mbpsから2.57 Mbpsに低下しました。Jio Giga Fiberも0.33 Mbps落とし、7月の月次平均速度3.5 Mbpsから3.17 Mbpsに下回りました。Syscon Infowayは0.30 Mbps低下して、月次平均速度が2.53 Mbps (前月は2.83 Mbps) となりました。

これら3社の速度低下が大きく影響し、インドは国別ランキングで順位を5つ下げ (今月の最大の動き) 第54位となりました。

他の地域では、クウェートのQualitynetが唯一顕著な速度低下を示したその他のサービスプロバイダーでした。同社は0.41 Mbps落とし、7月の月次平均速度3.4 Mbpsから8月は2.99 Mbpsに低下しました。

一方、対極ではトルコのTürksat Kabloが8月最大の上昇を記録し、0.72 Mbps伸び、月次平均速度が3.5 Mbpsに上昇しました (7月は2.78 Mbps)。この貢献もあり、トルコは7月に落とした下げ幅と同等となる国別ランキングの順位を4つ上げて、8月は第46位から42位へと順位を上げました。

近隣のサウジアラビアでは、7月に落ち込みを記録したMobilyが、今月は回復を示しました。Mobilyは0.35 Mbpsの伸びを見せ、7月の月次平均速度2.57 Mbpsから2.92 Mbpsに上昇しました。ハンガリーのinvitelは0.33 Mbps上げて、月次平均速度は3.19 Mbpsに (7月は2.86 Mbps)。ブラジルでは、Vivo Fibraが0.56 Mbps上昇し、7月の月次平均速度3.22 Mbpsから3.78 Mbpsに向上しました。

インドとトルコに加えて、ギリシャにも国別ランキングに変動が見られました。同国は順位を4つ下げ、第36位から40位に転落しました。

Netflix ISPスピードインデックスは、ゴールデンタイムにおけるNetflixのパフォーマンスをISPごとに評価したもので、そのISPのネットワークを経由して配信されるNetflix以外のサービスやデータに関する全体的なパフォーマンスを示すものではありません。Netflixのパフォーマンスが高いネットワークで視聴すると、通常は画質が良くなる、作品がすばやく再生される、再生が途中で止まりにくくなるなど、より快適にご覧いただけます。 接続速度を確認するには、任意のインターネットブラウザでhttp://FAST.comにアクセスするか、iOSまたはAndroidのアプリ、FASTSpeed Testをダウンロードしてください。

もっと読む: Netflixブログ

トップ